宮崎県児湯郡の建築設計事務所「とやま建築デザイン室」

宮崎県児湯郡にて住宅設計に関わるご提案を行っています。

リノベーション・ジャーナル VOL.17

88 views

リノベーションジャーナルVOL.17表紙

新建ハウジング(新建新聞社)発刊のリノベーション・ジャーナルVOL.17号(7月30日発行・8月10日発売)
こちらの最新号へ当室で設計監理を行いました「菖蒲池の家」の改修事例が掲載されました。
この雑誌は住まい・家・建築物の改修に特化したリノベーション専門の情報誌として、創刊よりリノベに関する国内での取り組み方や事例またを様々なテーマや切り口でお伝えしている情報誌です。

つぶやき室にて以前お伝えしましたが、6月に編集局の取材に応じ前述の改修事例を提供しました。
今回の発刊テーマは「予算に負けるな! 性能向上リノベーション 超コスパテクニック」。リノベーションの場合いつも検討項目に上がることのひとつが、どこまで改修を行うか?とういうこと。予算がある場合は建物全体に及ぶフル・リノベーションを行ったりすることも可能になりますが、時としてご予算の都合やその必要性に応じ全体ではなく、特定した範囲のみを行う部分リノベのケースもございます。

前述した「菖蒲池の家」が水回りを含む居室2室の改修を行った部分改修事例ということで、部分改修と予算の条件等が今号のテーマに合致し掲載を迎える運びとなりました。取材当時掲載する紙面数について編集局の担当者から10ページ程度とお伺い致していましたが、掲載された紙面数はA4見開きで15ページ(総ページ数30ページ)と個人事務所の仕事としては考えられない掲載量のページ数となりました。
もちろん、掲載されている内容分の仕事は全て行っています。

このブログで今号掲載の「菖蒲池の家」一部を掲載します。

リノベーションジャーナルVOL.17 掲載事例

リノベーションジャーナルVOL.17 掲載事例

リノベーションジャーナルVOL.17 掲載事例

これ以外も掲載されていますが、ご興味のある方は是非本を手元に寄せてご高覧いただけると幸いです。