宮崎県児湯郡の建築設計事務所「とやま建築デザイン室」

宮崎県児湯郡で建築設計事務所をお探しでしたら健康な住まいをご提案しております「とやま建築デザイン室」にお任せください。新築注文住宅からリフォームなど住まいのお困りやお悩みを必ず解決する児湯郡の建築設計事務所です。 

宮崎で耐震リフォーム(リノベーション) 今すぐわかるあなたの家の診断活用法

近年、大規模な地震が頻発しており、宮崎もいつ大地震が起こるのかわかりません。

そんな中、あなたやあなたのご家族の大切な命を守る住宅の耐震性は何より重要なものです。現在あなたやご家族の住む家が、最大震度でどの程度まで耐えられるかご存知でしょうか?

このコラムでは耐震診断の制度についてお伝えしながら、今すぐわかるあなたの家の耐震判定ツールについて紹介します。宮崎で診断や耐震リフォーム・リノベーションをお考えの方は、ぜひ活用することをおすすめします。

耐震診断は建築士が行う住まいの健康診断です

一般診断している業者

目的は住まいの安心を確かめること

住まいの耐震性がどの程度か調査するのが耐震診断です。診断は主に建築士「耐震診断士」があなたの住まいに伺い、地盤の状況や基礎の状態、上部構造として、壁の位置や強さ、骨組の接合状況や各部位の劣化状況を調査します。

耐震診断は4つの評点に分けて判定します

診断評価の表

専門家で行う診断は部位の状況をとりまとめ、4段階の評点にて判定評価します。特に昭和56年以前に建てられた住宅の場合は旧耐震基準のままのため、積極的に耐震診断を行い、必要に応じて耐震リフォームを進めることが推奨されます。

また昭和56年以降に建てられた住宅においても、どのように建てられたのかがわからなかったり、劣化具合が気になるなどがあれば診断を受け、必要に応じてリフォームやリノベーションすることをおすすめします。

専門の診断は2通り 相談は診断実績のある事務所がおすすめ

「耐震診断」には後述する一般の方が自己診断できるものと、建築士「耐震診断士」として登録された専門家が行う「一般診断法」と「精密診断法」があります。

ここでは専門家による「診断法」と耐震診断の流れについてお伝えします。

診断1「一般診断法」

赤いペンと間取り図の挟まったクリップボード

「一般診断法」とは、基本的に壁や床などを取り外さない方法によって進める診断法です。

診断は外部・内部とに分けて建物の外観の状況の他、内部では壁の位置や状態を確認します。また建物の床下や天井裏などにも侵入し、基礎や骨組の状況も目視によって確認調査します。

建物を壊さない診断となるため、不明な点が残ることがありますが、設計図書(壁の中の補強材の有無、天井や屋根の耐震化の有無、基礎の鉄筋の有無など)がわかるとより正確な判断をすることが可能になります。

診断は各地域で登録された建築士または耐震診断士により行われ、診断は2~3時間で終了することが一般的です。

診断2「精密診断法」

壁の内部

「精密診断法」とは、より精密な診断のために必要に応じて壁や天井など内外装の一部を取り外してより細かくその耐震性について調査する診断法です。

耐震改修(耐震リフォーム)工事を前提に、一般診断では得られなかった情報や改修の必要性を最終的に判断する際に行われます。精密診断は一般診断法に対しより高度な知識と経験を持つ専門家に依頼する必要があり、診断にかかる時間は一般的に半日~1日ほどの時間を要します。

耐震診断の流れ

耐震診断は次の図に示すよう3つのステップで進められます。

ステップ1 一般の方 誰でもできるわが家の耐震診断
ステップ2 依頼 専門家による耐震診断
診断 一般診断法 精密診断法
判定 上部構造評点が1.0以上or1.0未満
↓1.0以上 ↓1.0未満
結果 補強の必要なし 補強の必要あり
ステップ3
対策 引き続き維持管理 耐震改修計画へ

ステップ1は専門家への依頼の前に、今お住まいの方がご自身で行う診断です。この自己診断は誰でもできる簡単な診断(後述に説明します)です。この診断のあと、簡易診断を含めた内容をもとに専門家への依頼を行います(ステップ2)。

その後、専門家「建築士(耐震診断士)」による診断が行われ、判定によりお住まいの結果が報告されます。

報告において補強の必要がなければ引き続き適切な維持管理を進め、補強の必要ありの場合は耐震改修計画の流れとなります(ステップ3)。

専門家への依頼の前に確かめよう!今すぐできる「誰でもできるわが家の耐震診断」

耐震診断は主に専門家が行うものですが、地震に対してどれだけの心配や安心があるのかを簡単な設問形式に答えることで自己診断できるツールがあります。

診断時間はおおよそ5分程度です。以下のリンクからまず自己診断してみてください。

そして、この診断結果を見てリフォームまたはリノベーションが必要だと思った方や本格的な診断をしたいと思った方は、宮崎のとやま建築デザイン室へお問い合わせください。

建築防災協会「誰でもできるわが家の耐震診断

宮崎で耐震診断のことならとやま建築デザイン室へ

上の自己診断はいかがだったでしょうか?

耐震診断は今後起こりうる大規模な地震に対し、あなたとご家族が住む家が安全なものかどうかを判断する重要なものです。特に昭和56年改正の新耐震設計基準を満たしていない場合は早急に専門家による診断を受ける必要があります。何よりも大切なあなたやご家族の命を地震から守るため、お早めにご相談されることをおすすめします。二世帯住宅にお住まいの場合、同じ建物で生活しているご家族全員で話し合いの場を設けるのも良いでしょう。

とやま建築デザイン室では、宮崎県内において2018年までに60件以上の診断実績を持ちます。

耐震のご相談から耐震リフォーム・リノベーションの設計までアドバイスを行っています。宮崎で耐震診断をご希望の方はどうぞお気軽にご相談ください。

リフォームだけでなく、家族の希望を叶える注文住宅や快適な二世帯住宅の設計も対応しています。二世帯住宅を含む新築のマイホームをお考えの方も、ぜひお問い合わせください。

宮崎でリフォームをするならとやま建築デザイン室へ

事務所名 とやま建築デザイン室
住所 〒884-0102 宮崎県児湯郡木城町大字椎木4519-11
TEL 0983-32-2717
FAX 0983-32-8505
URL https://toyama-ad.com/